色差計の特徴とその仕組み【反射光との差異を数値化】

色調の判定が可能

色見本

見た目に頼らない基準

製品出荷をするときには、規格適合を確認するために、様々な測定機器を利用して検査を行うことが普通です。天然の栽培物、動物などを原料として使用する場合、色調に関しては、原料由来の色調の違いが発生しやすいこともあり、あいまいにされていることもあります。そのため、視覚的な判断に頼ってしまい、最終製品が大きく変わることもあります。こうした事態を未然に防ぐためには、色差計のように色調を客観的数値で表すことができる機器で計測しておくことが重要です。特に、色調に影響する原料の受け入れ段階と最終検査の二か所で導入することで、色調に関する不適合品の発生を防ぐことができます。色差計は、それぞれの対象物の色を3つの要素の数値で表すことができる能力を持っています。この色差計を利用した場合の計測時間は、ボタン一つで通常数秒以内に完了することができるようになっており、基準値との差異も自動計算することができます。この色差計で表される色差は、メーカーからの説明書の中には、数値ごとに「ほとんど差がない」、あるいは、「はっきりわかるほどの差異が認められる」、などの評価も記載されているため、取引先との規格の決定がしやすいだけではなく、合意も得られやすくなっています。こうした色差計を使った管理を始めていく中で、これまで気が付かなかった工程中のブレを発見できることも少なくなく、製品の精度向上に寄与するという副次効果も期待することができます。

Copyright© 2018 色差計の特徴とその仕組み【反射光との差異を数値化】 All Rights Reserved.