色差計の特徴とその仕組み【反射光との差異を数値化】

適合機種を相談

男の人と女の人

貸し出しを利用も可能

製品検査項目として、色調を設定しているものの、まれに色調に関するクレームが発生している場合、管理方法の見直しを行うとよいかもしれません。現状、見た目の感覚で判断しているのであれば、なおさら改善のチャンスといえます。色差計はこうした見た目の色を数値に表し、客観的に表現することで、その規格基準を明確にすることができます。色差計は、対象物に光を当てることにより、反射光として戻ってきた光との差異を数値化することができます。これは、すべてのものが吸光度といわれるものを持っており、その数値を見て瞬時に色差としてあらわすことができるのです。この色差計で対象物を計測する際には、求められる精度に合わせた色差計を選択することが重要です。特に、これまで視覚的な感覚でほぼ解決している場合には、あくまでも数値で表すことを優先として、大まかな計測が可能な機種で十分なのです。さらに、受け入れ検査のように、使用前にすぐに適合を確認したいときには、受け入れ時点で計測可能な携帯用の色差計が便利です。しかし、これまで色差計を使用したことがない場合、どの機種を選定したらよいかわからない場合も少なくありません。こういったときには、色差計を専門に扱っている業者に相談することで、最適な機種を選定してくれるようになっています。それでも迷う場合には、購入前の貸し出しサービスを行っていることもあり、実際に使用してから購入することもできます。

Copyright© 2018 色差計の特徴とその仕組み【反射光との差異を数値化】 All Rights Reserved.