色差計の特徴とその仕組み【反射光との差異を数値化】

精度の高い商品づくり

ウーマン

原因をつかめます

人は目で見えるものを判断するときに、周りの環境や先入観に左右されやすく、その対象物を正しく評価することは難しいものです。さらに、社内で経験豊かな人が発した言葉であれば、それを尊重するあまり、判断が揺らぐ場合もあります。しかし、色に関してトラブルが起こっている時には、そういった人間の感覚に頼った評価が解決を遅らせているかもしれません。そういったときに、力を発揮するのが色差計であり、そのものの色を客観的な数値で計測することができます。周りの環境などには左右されず、必ず数値で判定できるため、色の違いをはっきりと示すことができるのです。色差計は、46時中判断を誤ることはなく、標準白板によって定期的校正さえすれば、常に正確な数値を提供してくれるのです。この色差計で、工程中の各地点で計測を重ねることにより、何が色に影響を与えているかを知ることができ、これまで気が付かなかった工程の問題点を見つけることができます。また、納品先が色差計を使用している場合、先方と色に関する評価基準を同じにすることができ、トラブルを減らすこともできます。こういった関係を作ることができれば、色の関して要求事項を正確に把握することができる取引先として、新製品開発の際にも優先的に声がかかりやすくなるというメリットもあります。色差計は数万円程度のものから発売されているため、少額の投資が大きな仕事につながる可能性も持っているのです。

Copyright© 2018 色差計の特徴とその仕組み【反射光との差異を数値化】 All Rights Reserved.